減衰力調整

アリストに買ったときにすでについていた、TEINのTYPE FLEXは
減衰力調節機能がついているらしい。
せっかくなので、使ってみた。

段差や道路の凹凸を越えたときのショックが、
どうにも大きいような気がしたので、柔らかくする方向に。

減衰力の調整は、ショックアブソーバーの上についている
ねじのようなものを回すことで出来る。
購入時は11~12段階くらいになっていた模様。
一応TEINによれば、街乗りセッティングらしい。
段差がない道路だったら、これでも十分ですが…。

というわけで、適当に15段に調整。(MAXは16段)
走ってみたが、凹凸を越えたときの衝撃がマイルドになったような気がする。
気がするだけかもしれないが。

高速を走ってみたところ、12段のときよりもなんとなくふわふわ
するような感じは受けます。
ですが、自分としては高速時の安定性よりも街乗りの衝撃を
緩和してくれる方が重要だし、ふわふわといっても全然安定しているので
問題なし。
というわけで、15段でしばらく使おうと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック