プリロード調整

低速での道路の凹凸を越えたときのガツンとくる衝撃、コツコツ感や
片輪だけ越えたとき片側だけ車体が上下することによるゆれが
なんとなくひどく、ちょっとでも何とかならないかと、車高調の
プリロードを調整してみることにした。

自分でがんばってみようとしたが、力不足で硬くてシートロックが
回らなかったため、コックピットさんにて行ってもらうことにした。

どうやらプリロードが20mm近くかかっていたらしい。
そうすると低速時の段差など軽い衝撃の際は足が棒状態になって
衝撃を吸収してくれなかった可能性がありますね。
とりあえず3~5mm程度(TEIN推奨は4mm)くらいにしてもらいました。
プリロードを緩めた分、車高は上げてもらいました。

この状態で走ってみたところ、劇的な変化はあまりなかったのですが、
なんとなく低速時にマイルドになったような気がします。
すでに以前の状態を忘れてしまっているため、よくわからないですが、
今の状態で不快じゃなければ良しとしましょうか。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック