減衰力調整

プリロードを大幅に緩めたことにより、小さな段差でも
ばねが動く(ような気がする)ようになったが、
その他の利点として、ピッチングが抑えられた(ような
気がする)ことが挙げられる。

今まで段差を越えると軽くばねの伸び縮みが続き、
それを抑えるために減衰力を高めにしていた。
といっても、標準値の12段だが。

プリロードの調整によりピッチングが目立たなくなったため
更なる乗り心地のために減衰力を落とすことにした。
とりあえず15段。

ちょっと乗ってみたところ、プリロード調整前とは
大きく変化し、角が取れてマイルドになったような
気がする。
あくまで以前のを覚えていないので、気がするレベルですが。
ただ、大きな衝撃やゴツゴツ感がなくなったのは事実。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック